電子書籍


1戯画バイトの遺言(japanese)

〜パラノイア・ブルース:エピソード1

九阿弥号純(亜紀号純)

The One GB Will(english)

〜paranoia blues  : episode1

Goujun Kyuuami(Goujun Aki)


Amazon 〔内容紹介〕から

 核戦争が間もなく始まると思われる20世紀末、僕はタワーマンションの最上階に引きこもって、今、流行りの「遺言DVD」を製作している。
 そんな中、何の脈絡もなくアイリスという見知らぬ女性が部屋を訪れる。彼女は自作のオリジナル詩集『1戯画バイトの遺言』というDVDを買ってくれと言う。僕とセックスをするなら買ってやるという条件を提示したら、意外にもあっさりと承諾した。
 行為の後、彼女のDVDをパソコンで読もうとして驚いた。冒頭に書かれてある事が、僕が製作している遺言DVDと同じなのだ。それを発見した途端、パソコンは暴走を始め、部屋中に電子のカケラが飛散する。
 気を失ってソファで倒れていた僕が目覚めたとき、冷蔵庫の上に一人の女性が腰掛けて僕を見下ろしていることに気がついた。
 よく見るとアイリスかと思えば、冷蔵庫の上の彼女は自称「天使」ならぬ「電子」だと言う。しかも腰掛けているのではなく、わずかに宙に浮いている。
 そんな彼女が、戸惑う僕に向かって語り始める。実は僕はここに越して来て数ヶ月後にマンションのベランダから飛び降りて死んでいて、核戦争も間もなく始まるってことを。そして「時」もすでに世紀末ではなく、21世紀になっていることも。
 受け入れ難い時空を超えた不条理に満ちた彼女の話がさらに続く中、僕は冷蔵庫にしまってあるはずの飲みかけのコーラに「現実」を求めて、必死に床を這いながら冷蔵庫を目指す。しかし救いを求めるも、それは悪あがきのようだった。
 なぜなら、やっとたどり着いた冷蔵庫を開けて見ると、そこには栓を抜いたはずのコーラが僕の知らぬ間に新しく生まれ変わっていたからだ。僕は耐え難い虚無感の中で、遠近感覚も形状認識も崩れ、想い出も展望も消えて、僕のあらゆる意識が世界と乖離し始めたことを認識した。
 そしてついに、世界の構造が把握不能となり、僕がいったい誰なのか、それさえもわからなくなって、百年か千年は続きそうな混沌が始まった。

15分で読める短編サイコ小説。
この書籍には英語版「The One Gigabyte Will」もあります。
※この書籍には11点のカラー画像(挿絵)が含まれています。
※実在の固有名詞や、実在を模した団体名などが登場しますが、それらにまつわる話は概ね作者の創作です。
※読書中の作者のオススメBGM(あるいはエンディングソング)は「The Chainsmokers」の “Bloodstream” か、「Nacho Sotomayor」の “Don't Do Anything” あたりでしょうか。

『1戯画バイトの遺言〔 The One GB Will 〕』の挿絵。       illustrations in the novel  "The One GB Will".



君は壁新聞を読んだか?

九阿弥号純(亜紀号純)

Amazon 〔内容紹介〕から

 彼の世界ではペレストロイカは行われずソビエト社会主義共和国連邦は崩壊せずに存続した。そして中東での米ソ代理戦争後の密約により日本は東西に分断され、東日本はソ連・朝鮮民主主義人民共和国の支配下に入り(韓国はすでに北に併合)、社会主義国家となった。一切の情報は遮断されているので、西日本についてはその全容は分かっていない。が、アメリカと国連軍による占領統治が行われており、自由主義陣営の一員として国際社会にその地位を認められて繁栄を謳歌していると、ここ東日本では信じられている。
 物語の舞台は日本が東西に分割された2年後の冬の東京。そこで暮らす「僕」が東日本から西日本へ亡命を果たし、その体験を一冊の本にまとめて上梓した、という体裁をとっている。つまりこれは「亡命手記」である。
 東日本は東京で、権力者工藤の娘、理絵の家庭教師をやって暮らしていた僕は、現実の世界に強烈な違和感を覚え、別の世界を常に意識しながら生きていた。その別世界ではゴルバチェンという男が『ペレストロイカ』の名の下に改革を成し遂げ、冷戦は終結、日本は分断されずに平和を享受しているのだ。ところがここの現実では『ペレストロイカ』は単なるロシアの前衛ロックバンドの名に過ぎない。
 ある晩、僕は理絵の付き合いで観た劇団『ペレダーチャ』の国民的舞台女優、北条愛子と知り合い、恋に落ちてしまう。そんな中、ロシア語の高校教師をしていた僕の友人小西が、一枚のCD-ROM を残して地下鉄に飛び込んで自殺した。その CD には次のような情報が証拠映像とともに入っていた。
❶四国がソ連の細菌兵器の実験場となり、❷京都の御所に移された天皇が実は暗殺されており、❸非武装地帯に西侵地下トンネルが掘り進められており、❹第一回国民投票で東日本はソ連の16番目の連邦共和国となり、事実上、東日本は消滅する。
 国民の反発を買い、東日本の現政権を転覆させうるに十分な情報が入った、通称『壁新聞』と呼ばれるこの CD-ROM を小西の自殺後、偶然に入手してしまった僕は当局から追われることとなる。そしてこの国に止まることが出来なくなって、大学時代の友人の川村と、理絵の3人で西日本への亡命を果たすべく、一路、京都の国境線を目指すことになる。北条愛子は愛国心と個人的な復讐心から、自ら東京に残って『壁新聞』を国営放送のニュースでオンエアしようと画策し実行する。その結果、東京で民衆は蜂起し、彼女の消息は不明となる。
 様々な困難を乗り越えて夜明けとともに京都の市街地が一望できる山中の国境線までたどり着いた僕たちは、朝靄の中、眼下に広がる古都の風景に絶望する。
 僕たちが見たものは……!

 小西の自殺で全てが始まったこの物語は、たった10日間の出来事を語っている。しかもその半分がたった一夜の出来事である。
 「僕」が想像していた西日本とは全く別の世界ではあるけれど、なんとか亡命には成功した。そして一年後に西日本の市民権も得ることが出来た。そしてこの「亡命手記」を書き終えた僕は夕暮れの京都の街に出かける。すると、そこで夢の中に頻繁に登場する男とばったりと出会ってしまう。そう、政治家にならずに銀行員として人生を終えたミハイル・ゴルバチェン、ならぬミハイル・ゴルバチョフという年老いた男に。



小説画 画集  芥川龍之介編 I

九阿弥号純(亜紀号純)

詳細は[Graffitied Novel]のページを御覧ください。



柔らかな憂鬱

北山亜紀彦(亜紀号純)

Amazon 〔内容紹介〕から

 福岡の実家で母が死んで、親父が一人になった。そして親父も体調を崩してしまった。東京でフリーランスの雑文書きやデザイナーの真似事をして生活していた僕は、その手の仕事ならば福岡でもネットなどを使ってこれまで通り東京の仕事が出来ると判断し、三人兄弟の末っ子ではありながら、そんな親父と暮らすべく東京を離れて福岡に引越した。
 しかし考えは甘かった。次第に仕事がなくなり、いつの間にか半失業状態になってしまったのだ。
 その上、頑固者の親父との二人だけの暮らしは精神的にあまりに窮屈だった。僕は彼との何かと対立する日々を、『阿Q正伝』の阿Qのように精神的勝利を収めることで乗り切ることにした。
 そんな閉塞状況の中、親父は僕に医学部の再受験を強く勧めるようになる。というのも長男の宗一郎は医師になったはいいが、親父の期待していた医師像とはかけ離れた生き方をしていて(生命保険会社の外交医のアルバイト)、昔気質の親父にしてみれば、裏切られたという思いが強かったからだ。
 最初、父の提案を全く相手にしていなかった僕だが、ある晩、見てはいけない、あってはならないとんでもない事態に遭遇して親父に対する気持ちが一変する。そしてこれまでの親父への割り切れない思いが吹っ飛び、「もしかしたらアイツ、とんでもなく、イイ奴じゃないのか」なんて考えてしまって、その後の僕の人生は大きく変わった。



マルクスと仲間たち(日本語版) / Marx & Company(english version)

北山亜紀彦(亜紀号純)

詳細は[manga]のページを御覧ください。



 

未完成です。

『屋根裏のザイヤ』 / Zaiya in the Attic

はるか昔、書いた(描いた)未発表の絵本です。

これは、おそらく僕が書いた、生涯、最初で最後の大人の絵本だと思います。

自分が幼い頃に体験した不思議な体験をもとに書きました。

学校に行かずに毎日、家で一人で遊んでいた小学生の時、突然現れた頭しかない小さな魔神(ザイヤ)が僕に未来を見せてくれたのです。それが現実なのかイマジネーションだったのかは判然としませんが、そんなことは僕にとってはどうでもいいことです。なぜなら今も昔も、現実と夢の区別なく日々を生きているからです。

ただ、そうは言っても、今から思うとあの当時(万能感に浸って大学を中退して数年後)なかなか思う通りに行かない自分にエールを送るために書いたんだと思います。

「あなたの夢は叶わなかったのではありません。ただ忘れているだけです」だなんて、危うく夢と現実を区分して、そこに必要もないのにわざわざ境界線を引くところだったのです。危ない、危ない。

ともあれ、いつか出版できればと思っています。

 

It is an unpublished picture book that I drew a long time ago.

I think this is probably the first and last picture book for adults in my life.

I wrote it based on a strange experience I had when I was a child.

When I was in elementary school, playing alone at home every day instead of going to school, a good little demon with only a head suddenly appeared and showed me the future.

I'm not sure if it was reality or imagination, but that doesn't matter because my way of life is to draw no boundaries between reality and dreams.

However, now that I think about it, I think I wrote it to shout out to myself when things were not going as well as I had hoped.

"It's not that your dream didn't come true. It's just that you forgot about it."

Saying something like that because I almost drew a line between dreams and reality!

Anyway, I hope to publish it someday.